由利ママ'S HOME
HOME

由利ママのお気楽日記


前の月
2006年01月
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31



次の月

キーワード:

| 2003年の日記 | 2004年の日記 | 2005年の日記 | 2006年の日記 | 2007年の日記 | 2008年の日記 | 2009年の日記 | 2010年の日記 | 2011年の日記 | 2012年の日記 | 2013年の日記 | 2014年の日記 | 2015年の日記 | 2016年の日記 |

31
(火)

今期の大学の授業終了 

学生が帰った教室。1年間、どうもありがとう
学生が帰った教室。1年間、どうもありがとう

今日で大学の今期の授業が終わった。
講義を担当して、4年。学生だったらこれで卒業。
ちょっと、感無量。

30
(月)

冬の北海道のゴーヤは すくすく育っています

直径30センチほどの「鉢」(→)から、二階の窓まで成長したゴーヤ
直径30センチほどの「鉢」(→)から、二階の窓まで成長したゴーヤ

「あのゴーヤはどうなったの?」
という質問をいただいたので、現状報告。

北海道の家の暖かさの中、スクスク育ち、
とうとう、吹き抜けから二階の窓に達するほどに。

ただ、花はたくさん咲くものの、雌花の姿がなく、
このままでは受粉できないのかも・・・と、
家族みんなで、心配中。

29
(日)

冬のサロマ湖 女4人日帰り旅

サロマ湖鶴雅リゾートの牡蠣バイキングランチを満喫 サロマ湖で、スノーモービル。子どもたちは初体験 体が冷えた後はやっぱ温泉、露天風呂ですな
サロマ湖鶴雅リゾートの牡蠣バイキングランチを満喫
サロマ湖で、スノーモービル。子どもたちは初体験
体が冷えた後はやっぱ温泉、露天風呂ですな

今日はお天気がよさそうなので、
娘3人を連れてサロマ湖へ。(お父さんはラジコン)

昼前に出発して45分。
着くなり、牡蠣のラインチ食べ放題。
食後は、卓球、スノーモービルで遊んだ後、
露天風呂を堪能。
帰り道に、地元の魚屋でお土産の牡蠣を買って、
北見に戻ったのが、午後4時。

充実した「女4人日帰り旅」でした。

28
(土)

子どもたちと過ごす 休日

三女の冬休みの宿題が戻ってきた。パソコンで描いて作った「干支クッション」 子どもたちとアイスキャンドル作りに挑戦
三女の冬休みの宿題が戻ってきた。パソコンで描いて作った「干支クッション」
子どもたちとアイスキャンドル作りに挑戦

ここのところ、出張、病気、出張と続き、
子どもと過ごす時間がほとんどなかった。

この週末は子どもといっぱい遊ぶぞ!

・・・ということで、
みんなで買い物はしたし、美容室も行ったし、
ドラクエ(実はまだ終わっていなかった)もしたし、
キャンドル作りもしたし・・・。
一日子どもたちとワイワイガヤガヤ過ごした。

この時間が何よりの、私の「宝物」だ。

26
(木)

奈良で高知を見つけた! 馬路村のゆずぽん


引き続き奈良でお仕事。

夜、ひさびさに飲みに行き(もしかして今年初めてかも)、
「牡蠣のしゃぶしゃぶ」を注文すると、
高知の「馬路村のゆずぽん」が登場した。
タレの作り方の秘伝を教えてもらったので、
北見に戻ったら、さっそく作ってみよう。

25
(水)

奈良オフィスでお仕事 

阪奈道路沿い「丸源」の岩海苔塩ラーメン。ひさしぶりの外食。おいしかったぁ
阪奈道路沿い「丸源」の岩海苔塩ラーメン。ひさしぶりの外食。おいしかったぁ

午前中は打合せで外出したが、午後は奈良オフィスで仕事。
無理はしない、無理はしない。

24
(火)

大学&奈良出張 

空港へ向かうバスの中から見た夕焼け
空港へ向かうバスの中から見た夕焼け

午前中は、大学の授業。
先週、試験なのに休講してしまったので、
さすがに休むわけにはいかない。

夕方、奈良に移動する。
「病気が治ったとたんに出張?!」
ううう、子どもの言葉がつきささる。
母だってつらいのだ・・・

23
(月)

家庭内隔離生活 8日めで終了

三女にもらったアドベントメッセージ。最初から本日分まで用意されていた。・・・スゴイ この鞄1つで完全退去できるのは、悲しいといえば悲しい
三女にもらったアドベントメッセージ。最初から本日分まで用意されていた。・・・スゴイ
この鞄1つで完全退去できるのは、悲しいといえば悲しい

今日も自宅(というか子ども部屋にこもって)仕事をしていたが、
夕刻、ようやく退去の決意をする。

正直ここまで長引くとは思っていなかったが、
それはそれで(苦しみつつも)楽しんでいたかもしれない。

次女と三女、部屋を占拠してすまなかった。
長女、2人を居候させてくれてありがとう。
おとうさん、居るのに不在ですみませんでした。


22
(日)

家庭内隔離生活 7日め


まだ微熱あり。
うーん、長すぎる・・・

21
(土)

家庭内隔離生活 6日め


休日。
メールが少なくなるのはありがたい。
この週末中に元気になるためにも、
ひたすら、寝る・・・寝る・・・寝る・・・

20
(金)

家庭内隔離生活 5日め


とうとう金曜日だ。
元気になりそうで、いまいちならない。
仕方なく病院へ行って、薬をもらう。

いやぁ、今回はマジに参った。
救いは家族に「前兆」がでていないこと。

とにかく、週末には復活しよう。

19
(木)

家庭内隔離生活 4日め

窓から見える風景。朝焼けがきれい 三女が作ってくれた「アドベントリーお見舞い」毎日一枚ずつ開くとメッセージ
窓から見える風景。朝焼けがきれい
三女が作ってくれた「アドベントリーお見舞い」毎日一枚ずつ開くとメッセージ

4日めともなると、元気になるのかと思っていたら、
インフルエンザはそんなに甘くないらしい。

TVの中の世の中の「激震」を横目に、
由利ママはまだこもっている。

18
(水)

家庭内隔離生活 3日め

三女からのお見舞い。ワインとわさびご飯の絵。うるうる 水分を摂らなくてはいけないので、キャンプ用のミニ冷蔵庫まで持ち込む
三女からのお見舞い。ワインとわさびご飯の絵。うるうる
水分を摂らなくてはいけないので、キャンプ用のミニ冷蔵庫まで持ち込む

1日のうち23時間45分は、子ども部屋にこもっている。
家族のいない時間に、食事とトイレに出るぐらい。

調子のいいときは、テレビで「ライブドア」のニュースを
見たり、パソコンで仕事をする。
かなりあやしい生活である。でも、意思は固い。

「絶対に家族にうつさない」

由利ママは今日もこもっている。

17
(火)

家庭内隔離生活 2日め

次女の学習机が由利ママの仕事机
次女の学習机が由利ママの仕事机

インフルエンザ発症が確認されるやいなや、
隔離部屋として、(次女・三女共有の)子ども部屋を占拠した。
(実は、由利ママには専用の部屋がないのだった)
今日から(やっと)3学期が始まる二人は大騒ぎしつつも、
お姉ちゃんの部屋に居候している。

休まなくちゃいけないと思いつつ、会社が動いていると、
ついつい仕事をしたくなるのが社長という生き物。
子ども部屋に、生活&仕事場空間を作って1日を過ごした。

「母親がかかったら子どもの感染は覚悟しなさい」
というお医者さんの言葉には従わない。
(幸か不幸か)我が家は「母がいないでも生活できる体制」
ができあがっているのだ。
(自慢していいのか?)

16
(月)

インフルエンザ 家庭内隔離生活


日曜の夜から体調がすぐれず、今朝熱を計ったら38.3度。
月曜朝いちで病院に行ったら、インフルエンザA型と診断された。
いやー、参った。
噂には聞いていたが、こんなにつらいものとは・・・。
とにかく、(今さらかもしれないが)家族にうつさない努力を
するしかない、ということで、隔離生活に入る由利ママであった。
(この日記は、薬で少しマシになった火曜朝に記載)

13
(金)

「もう帰ってきたの?」 その4


午後6時。
今日は疲れたので、残業せずに帰ってくると、
(まだ)冬休み中の子どもたちが、聞いてきた。

「お母さん、もう帰ってきたの?」
「うん」
「どうして?」

私はいつ帰ったらいいのだろう??

12
(木)

「昼帰るの?」 その3


午前8時。
今日は大学なので、出かける支度をしていると、
(まだ)冬休み中の子どもたちが、聞いてきた。

「お母さん、どこか行くの?」
「うん、大学」
「いつ、帰るの?」
「昼」
「え〜?!、昼帰るの?」

昼に帰ったら変なのだろうか?

11
(水)

「今日帰るの?」 その2


午前9時。
今日は東京出張なので、出かける支度をしていると、
(まだ)冬休み中の子どもたちが、聞いてきた。

「お母さん、どこか行くの?」
「うん、東京へ出張」
「いつ、帰るの?」
「今日」
「えっ、今日帰るの?」

昨日とは意味の違う「今日帰るの?」。おもろいやん。

・・・・ということで、
今日は、東京に日帰り出張してきましたとさ。

出張の様子はこちら
http://blog.5012.jp/tazawayuri/

10
(火)

「今日帰るの?」 って・・・


午後6時。
ある集まりに参加するために、出かける支度をしていると、
(まだ)冬休み中の子どもたちが、聞いてきた。

「お母さん、どこか行くの?」
「うん、ちょっとお仕事」
「今日、帰るの?」
「うん、遅くなるけど帰る。んじゃ、行ってきま〜す」

会場へ向かう道のりで、ふと・・・
「今日帰るの?」と聞かれる母親って、どうよ?

09
(月)

冬休み最終日 一日中仕事


休みだというのに、一日中仕事をしていた気がする。
でも、考えてみれば、「休みの最後の日にドタバタする」のは、
今に限ったことではなく・・・そういうものなのでしょう。

07
(土)

ようやく帰宅 マイナス18度・快晴

12月にリニューアルした女満別空港 つららと、青空と、まぶしい太陽。この時期のオホーツクらしい天気
12月にリニューアルした女満別空港
つららと、青空と、まぶしい太陽。この時期のオホーツクらしい天気

年末年始、バラバラと里帰りした家族の中で、最終帰宅。
日本海側は記録的大雪が続いているが、
オホーツクは快晴だった。ただし、マイナス18度。

06
(金)

初出勤 机にかじりついてお仕事


さすがに、おとなしくマジメに仕事をしていました。
一度席に座ったら、腰が痛くてなかなか動けんので。

http://blog.5012.jp/tazawayuri/archives/2006/01/post_81.html

05
(木)

ぎっくり腰もどき? こ、腰が・・・


朝、中腰で机の上を片付けていたところ、
ちょいと腰をひねった瞬間に激痛が・・・。

やっちまった。

ぎっくり腰ほどではないけれど、歩いたり座ったりすると
かなり痛い・・・正月遊び過ぎた罰か。
(いや、単純に年でしょう)

04
(水)

長島温泉でお正月気分 矢場トン やばい

絶叫マシン揃い踏み。子どもたちは、はじめてフリーフォール体験で真っ青 アウトレットモールの「ジャズドリーム」で矢場トンのわらじみそかつ定食を発見。懐かしいうまさに「やばい」
絶叫マシン揃い踏み。子どもたちは、はじめてフリーフォール体験で真っ青
アウトレットモールの「ジャズドリーム」で矢場トンのわらじみそかつ定食を発見。懐かしいうまさに「やばい」

夏に続き、両親と下2人を連れて、三重の長島温泉へ。
温泉と遊園地がセットであるというのは大きな魅力なのだ。

#長女は一足先におとうさんの待つ北見へ

03
(火)

ワンマンな王子様? いえ、「ワンマン王寺」です

説明は不要だと思うけど、「王寺駅行きのワンマン電車」です
説明は不要だと思うけど、「王寺駅行きのワンマン電車」です

近鉄生駒駅のホームにて。
生駒線のホームに止まっている車両の案内板を見て、
ひとりでウケてしまった。
「ワンマンな王子様?」

#「天声慎吾」の王子を思い出してしまったのは私だけ?
 http://www.ntv.co.jp/shingo/

02
(月)

大阪の正月 娘3人と満喫

道頓堀で、猿まわしを見学。うーん、正月っぽいっ ゲームセンターでゲットした「猫の手」。これを借りるぐらい商売繁盛に?! 帰るなり福袋の争奪戦。使ったのは8000円だけど、中身総額は57000円也
道頓堀で、猿まわしを見学。うーん、正月っぽいっ
ゲームセンターでゲットした「猫の手」。これを借りるぐらい商売繁盛に?!
帰るなり福袋の争奪戦。使ったのは8000円だけど、中身総額は57000円也

元旦のJALバーゲンフェアで実家の奈良へ。
先に戻っていた娘たちと合流し、
2日は、女4人で大阪の町を闊歩。
大道芸、ゲームセンター、福袋に、食い倒れ。
楽しかったぁ〜
(北見でお留守番のおとうさん、ごめんさない)

01
(日)

謹賀新年 今年もよろしくお願いします

今年の年賀状。1年のいろんなシーンを集めてみた 元旦に例のゴーヤの花が咲いた!なんか、とってもうれしかった 気持ちのいい晴れ。庭の雪だるまは、こんなになってるけど、雪はキラキラ
今年の年賀状。1年のいろんなシーンを集めてみた
元旦に例のゴーヤの花が咲いた!なんか、とってもうれしかった
気持ちのいい晴れ。庭の雪だるまは、こんなになってるけど、雪はキラキラ

あけましておめでとうございます。

気が付くと新しい年に突入してしまった、
という感じの年末だったが、家族全員元気に新しい年を
迎えることができ、何よりの幸せだ。

昨年お世話になったすべての人、すべてのことに感謝しつつ、
今年もがんばって生きて行きたい。

                平成18年1月1日
                   由利ママ

#お仕事版ブログもよろしく
 http://blog.5012.jp/tazawayuri/

前の月へ    次の月へ

由利ママのプロフィール


 日記のTOPへ戻る